どんなところをチェックされる?査定ポイントを伝授

付属品の有無で買取金額に差が出やすい!

ブランド品は中古であっても人気があり、市場でも需要が高いので、モノによっては高値で取引されることもあります。買取業者へ査定に出すと、高価買取になるケースもあります。でも、事前にリサーチせずにただブランド品を業者に持ち込むだけでは、高く売れる物でも高価買取につなげられないかもしれません。ブランド品は、買取業者へ査定に出す前に付属品をすべて揃えておくと、プラスポイントになります。付属品とは、ブランド品のアイテムが入っていた袋や箱、鑑定書や説明書等です。時計であれば替えのベルトやコマも付属品にあたります。洋服はコートのベルト、バッグのチャームなども付属品になるので一緒に揃えて売りましょう。人気が高いブランド品は、付属品にも価値があり値段がつきます。ブランド名が入った箱や鑑定書が付いた中古品のほうが購入されやすいという面があるため、高く売れるのでなるべく揃えて売ったほうがお得です。

外観を綺麗にするとより買取金額がプラスに!

売ろうと検討しているブランド品のコートやバッグ、アクセサリーや時計などに、汚れやシミ、ホコリなどが付着していませんか?そういった見た目が清潔ではないブランド品のアイテムは、減額対象になるので要注意です。汚れやホコリなどがあると、お店側がお手入れをしなければいけなくなるので、手間とコストがかかるため、査定金額は抑えられてしまいます。マイナス査定を避けるためには、洋服を洗濯したり、バッグやアクセサリー、時計などの汚れを柔らかい布で拭き取るなどして、外観を綺麗にしておくことが必要です。そうすれば、査定スタッフに好印象を与えられます。綺麗にするだけで買取金額がプラスになるのだから、お手入れして損はありません。