いきなりの訪問買取に用心しよう

悪質な訪問買取をする業者も存在するので注意が必要

ブランドメーカーのバッグやジュエリー、衣類などの不用品が家にあっても、買取してくれるお店が近くになかったら、売りに行くのがちょっと面倒だと感じることもあるでしょう。そんなときに、リサイクルショップや買取業者を名乗るあやしい人物が、訪問買取を目的にいきなり家にやって来ることがあります。今売りたいブランド品がたくさんあれば、この機会にここで売ってしまえば、店舗までわざわざ行かなくても済むので買取を利用しようと思ってしまうかも知れません。しかし、一度応対してしまうと、売りたいブランド品だけではなく、貴金属類や着物など、その他にも価値のあるアイテムを持ってないかとしつこく聞いてきて、強引に買取させようとすることもあるので要注意です。

訪問買取の対処方法とは

不要な訪問買取は、トラブルを防ぐためにきっぱりと断ることが大事です。まず、一般的な買取業者は突然家に訪問してくることはありませんし、突然無理な買取の勧誘をしてくることもないです。売りたいアイテム以外にもブランド品が他にもあるということや、貴金属類などの高額な物が家にあるということを言ってしまったり、むやみに見せないようにしましょう。そういった訪問買取では、価値のあるブランド品を安く買い叩かれるというトラブルも多くあります。また、ハッキリと売らないという意志を見せないと、居座って困らせたり、曖昧な返答の場合は後から再訪問される恐れもあります。もしも、強引な勧誘に断れなくてブランド品を売ってしまったときは、クーリングオフも利用できます。

●リンク●●紹介文●